自己紹介

映画de英語 法助動詞+have+過去分詞

今日は。
って、長い事UPしていませんでした😅
あぁ〜やっちゃった😅

特に何も言い訳せずに、淡々と進めていきましょうね(笑)

ちなみに・・・明日からまたちょっと旅に出るので次の更新はまた数日後?1週間後?でしょうか😁


Jas:
Baba! Baba, are you all right?

Sul:
Jasmine….

シーンは変わり、アラジンが雪山でアブゥを探しています

Ala:
Abu!
Abu!
Abu.
Are you okay?
Let’s get out of here.
No.
(その後遭難しかけたアラジンを魔法の絨毯が助けにきます)

そしてシーンはジャスミンとジャファーの結婚の儀

結婚の仲介人:
Your Highness, Sultan,
in honesty and sincerity……
do you accept Prince Jasmine…?

Jaf:
Yes.
Yes, I accept…
Princess.

仲介人:
Princess Jasmine, do you accept the sultan to be your husband?

Jaf:
Come on, woman.

Iago:
Accept

Jas:
I….

Jaf:
Yes?

Jas:
I…
do not!!

Iago:
The lamp! The lamp!

Jaf:
Stop her!

Sul:
No, Jasmine! No!

(ジャスミンがお城から飛び降ります)

Jaf:
No! No!

(魔法の絨毯に乗ったアラジンがジャスミンを助けます)

Jaf:
The lamp! Iago!

Ala:
Are you okay?

Jas:
Yes.

ここから絨毯に乗った2人とアブゥの逃走劇が始まります

Ala:
Hold on!

(ほとんどセリフが単語ばかりなので割愛します)

Sul:
You’re nothing without your staff!
Nothing.

怒り狂ったJafが手元に戻ってきたランプを擦り、ジーニーを出現させます。

Iago:
Genie should witness.

Jaf:
As the old man said..
you should’ve left Agrabah when you had a chance.
I told you before to think bigger.
You could’ve been the most powerful man in the room.
But now I hold the lamp.
I hold the power.

引用:映画Aladdinより


Jas:
お父様、お父様!大丈夫?

Sul:
ジャスミン・・・

Ala:
アブゥ!
アブゥ・・
大丈夫か?
さぁ、ここから脱出しよう!
あ・・まずい!

(その後遭難しかけたアラジンを魔法の絨毯が助けにきます)

そしてシーンはジャスミンとジャファーの結婚の儀

仲介人:
国王陛下・・
誠心誠意(嘘偽りなく)
ジャスミン王女を・・迎える・・と、誓いますか?

Jaf:
あぁ
迎えるともさ
王女をな・・

仲介人:
ジャスミン王女、国王を夫とすると誓いますか?

Jaf:
どうした?早くしろ!

Iago:
チカウ!

Jas:
私は・・

Jaf:
なんだ?

Jas:
私は・・
誓わない!

Iago:
ランプ!ランプ!

Jaf:
王女をとめろ!

Sul:
まて!ジャスミン!

Jaf:
まて!
(魔法の絨毯に乗ったアラジンがジャスミンを助けます)

Jaf:
ランプだ!イアゴ!

Ala:
大丈夫?

Jas:
えぇ。

Ala:
つかまってて!

ここから絨毯に乗った2人とアブゥの逃走劇が始まります。
(ほとんどセリフが単語ばかりなので割愛します)

Sul:
お前は魔法の杖(your staff)がなければ無力だ!
無力なのだ!

怒り狂ったJafが手元に戻ってきたランプを擦り、ジーニーを出現させます。

Iago:
ジーニーに見せてやれ!
(ジーニーが現れます)

Jaf:
老いぼれが言った通り・・
チャンスがあるうちにアグラバーを出ていくべきだった。
前に言っただろ・・野望を持てと!(直訳:大きく考えろ)
この部屋で一番強い男になれたものを・・。
しかし、今は俺様がランプを持っている。
我こそが権力を持っているのだ!

引用:映画Aladdinより

法助動詞+have+過去分詞 の使い方

一見難しそうに見えますけど、結構簡単です。

現時点で、過去の事を推量・非難/後悔する意味を表します。

例文で説明した方がわかりやすいので、順番に見ていきましょう!

過去に対する推量

could + have + 過去分詞:〜した(だった)かもしれない

He could have dropped his wallet at the station.
彼は駅でお財布を落としたかもしれない・・

may/might + have + 過去分詞:〜した(だった)かもしれない

He may have dropped his wallet at the station.
彼は駅でお財布を落としたかもしれない・・

He might have dropped his wallet at the station.
彼は駅でお財布を落としたかもしれない・・

must + have + 過去分詞: ~した(だった)に違いない

He must have dropped his wallet at the station.
彼は駅でお財布を落としたに違いない。

should + have +過去分詞: ~した(だった)はずだ

He should have dropped his wallet at the station.
彼はお財布を駅で落としたはずだ。

can’t (cannot) + have +過去分詞: 〜した(だった)はずがない

He cannot have dropped his wallet at the station.
彼は駅でお財布を落としたはずがない。

* このcanに関しては、can+ have + 過去分詞にはならず、必ず cannot (can’t) になりますので注意です。

summer
summer

以上の例文を見てわかるように、cannotを使うとき以外はほとんどが程度は違えど同じ意味ですね。
ちょっとだけ補足すると、should + have +過去分詞の形は、私は次に説明する、「非難/ 後悔」で使っていました。
非難とかくとちょっと???ですが、カジュアルな言い方をすると「〜すればよかったじゃん!!」みたいな感じです(笑)
次にその、非難/後悔の例文を見ていきましょう。

過去に対する非難/後悔

should + have +過去分詞: ~すべきだったのに

You should have told me beforehand.
前もって言うべきだったのに・・(言ってよぉ〜もう!!)

need not + have + 過去分詞: ~する必要はなかったのに

You need not (needn’t) have told your mother.
お母さんに言う必要はなかったのに・・・(ってかなんで言ったんだよ!)

summer
summer

もうお分かりと思いますが、この非難/後悔の場合、本当はそうすべきではなかった/そうする必要はなかったのに実際はやってしまった・・つまり思ったことと反対になっているんですね。

セリフピックアップ

今日2つありますね。

you should’ve left Agrabah when you had a chance.

You could’ve been the most powerful man in the room

.

練習問題

次の日本語を英語にしなさい。

ドラマのコンフィデンスマン 観るべきだったぁ〜〜😭

まとめ

法助動詞+ have + 過去分詞のポイントは、

  1. 推量非難/後悔、この2つで覚える
  2. 推量は程度の差はあれ意味はほぼ同じ
  3. 非難/後悔は、過去の事実に対しての非難/後悔で、実際の出来事は事実と反している

こんな感じでしょうか?
まぁ、ほぼほぼ「推量」の意味ですよね😁
でもって、別途「should have 過去分詞」の非難/後悔をインプットしておけば良いのかと思います。

では、今日もお読みくださりありがとうございました。

練習問題解答

I should have seen (watched) the drama “The Confidence-Man”.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA