自己紹介

be動詞の基本 現在形 肯定

おはようございます。

今朝はちょっと暖かい朝です。

これだったら起きるのが億劫ではないんですけど・・・😅
まぁ、でもはっきりした四季がある日本の良さでもあるので、苦手な冬を乗り切らねば・・。(札幌なら冬でも良いんですけどね)

では、さっそく基本をやっていきましょうね。
だって早く映画のセリフを使って本当に私がやりたいことをやってみたいんで(笑)

summer
summer

今日はまず中学生で習う英語の基本中の基本、“be動詞 現在 肯定文”から始めていきましょう!

be動詞の種類

be動詞には「am」「is」「are」の3種類があります。
この3つは主語によって使い分けられます。

I (私) am
You(あなた)、複数 are
上記以外 is


これだけは覚えてくださいね。絶対に。

be動詞の意味

be動詞には以下の意味があります。

1. [主語=述語] つまり、主語と述語が同じもの/人であることを表す。
  日本語だと「~です、~である」となる。
2. 「いる、ある」という意味

1.の説明

まずは1.の説明から行ってみましょう。

He is my father. (彼は私のお父さんです。)

ここでの主語は、He(彼は)ですね。
で、彼はmy father(私の父)です。

He = my father つまり、彼とお父さんは同じ(=イコール)ですよね?
このイコールの部分にあたるのがbe動詞なのです。

つまりここでは、I, You, 複数形以外であるHeが主語になっているので、isHemy fatherをつなぐために二つの間にきているわけです。

では、もう一つ例をあげましょう。

These flowers are beautiful. (これらの花は美しいです。)

主語はthese flowersで、述語はbeautiful
These flowers = beautiful

最初の例文では、述語部分が名詞のmy fatherでしたが、そこは形容詞でも良いんです。「=」の関係であればそこをつなぐのにbe動詞がはいります。
ここでは、these flowersと複数形になっているのでareとなっています。

どうでしょう?なんか説明するのは難しいですね・・💦

何か問題出してみて。それで確認してみるから。

summer
summer

OK。じゃぁ・・一つやってみましょうか!

練習問題

私の父は背が高い。という文を作ってみよう。*背が高いは、tallです。

答えは、わかりましたね。

私の父:my fatherと、背が高い: tall, はどんな関係ですか?
はい、同じですよね?背が高い人は私のお父さんなんですもん。

ということは?

My father is tall.

と、こうなります⭐️

2.の説明

Your textbook is on the desk. (あなたのテキストは机の上にあります。)
I am in the office. (私はオフィスにいます。)
There is a bird under the tree. (木の下に鳥がいます。)

「いる、ある」の場合、後ろには必ず場所を表す語がきます。そして場所を表す名刺の前には必ず前置詞がきます。

上の2つをみてください。

be 動詞の後に、onやinという前置詞が来ていますね?
be動詞で「いる・ある」を意味する時には、be動詞+前置詞+場所を表す名詞の順になります。

そして、There is/are は、これはちょっとまたいつか別の時に説明をしようかなって思います(特に難しくはないんですけど)。
でも、これも意味は同じで、「~がいる/~がある」となります。

まとめ

初めての説明でちょっとまだ戸惑ってます・・💦
説明が下手くそだな・・・って思いながら書いています。

これからどんどんブログを書くことで、少しは慣れていく?はずなんですけど🤔
頑張ります。

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA