自己紹介

映画de英語 二重否定・・のはずが

こんにちは。
今朝も朝早くに起こされたので、TOEICの過去問を50問ほど解きました。
後100問を残すこととなり、ちょっと楽チン(笑)

この間のTOEICの申請は登録できなかったので、次うまくいけば良いんですけど・・・
ダメならTOEIC IPテストっていうのを受けてみようかと思います。
試験なんてCAの時に受けた一次試験(これはガチ英語の受験みたいでした)ぶりなので、ちょっと緊張😅


Gen:
So, you got the girl.
I mean, trust me, I had my doubts after your whole jam debacle.
But you pulled yourself back together a little bit.

Ala:
I did, didn’t I?
I think I finally got the hang of being a prince.

Gen:
Oh, well, that’s not exactly what I meant.

Ala:
You were right.
People see what they wanna see.
Aladdin is gone.
I’m Prince Ali now.

Gen:
Wow. Got it all figured out now, huh, kid?

Ala:
And, you know, I was thinking about my last wish….
and I just can’t do this without you.
I know I told you I’d use it to set you free,
but you heard the sultan.
I can’t let everything we worked for fall apart.

Gen:
So, you just never tell her the truth?
You’re gonna keep living a lie?

Ala:
It’s not a lie.
People can change.

Gen:
They can change all right.

Ala:
And that’s a bad thing?
Everything is better now.
No one got hurt.
You’d rather me be back on the streets stealing to survive?
I thought you’d be happy for me.
But all you cared about was that
I use my last wish to set you free.

Gen:
Well, kid, I don’t care nothin’ about that wish.
This is about you, what’s happening to you.
You’d rather lie to somebody you love than give all of this up.

Ala:
You don’t get it, Genie.
People like me don’t get anything except by pretending.

Gen:
I think maybe you don’t get it.
The more you going by pretending,
the less you’re actually gonna have.
In 10,000 years, I have never once, ever….
calle a master a friend.
I broke the rules for you, to save your life.
And for what…?
You’re breaking my heart here, kid.
You’re breaking my heart…

Ala:
Genie, no! Hey, come on!

引用:映画Aladdinより


Gen:
彼女ゲットしたじゃん!
あのジャムの失敗の後はもうダメかと思ったぜ。
でもよくここまで立て直したよね。

Ala:
そう、やったよ!僕。
プリンスであることのコツを得たって思う。

Gen:
えっと・・俺が言ってるのはそうではなくて・・

Ala:
君は正しいんだ。
みんな自分が見たいものを見ているんだ・・。
アラジンはいない。
僕はアリ王子なんだ。

Gen:
ワォ!人生分かったって感じだな、小僧!

Ala:
で・・最後の願いの件・・考えてた・・
君なしではできないんだよ・・
君を自由にするって言ったのは分かってる。
でも、国王の話聞いただろ?
今までやってきたこと全てをダメにしたくないんだ・・

Gen:
じゃぁ、彼女に本当のことを言わないんだな・・
偽りの人生を送り続けるつもり?

Ala:
嘘じゃない。
人は変われるんだ

Gen:
変われる・・そうだな

Ala:
悪いこと?
全てはマシになった。
誰も傷ついてないし
生きるために盗みを働きながら路上にいるほうに戻った方がいいわけ?
君なら僕のために喜んでくれると思った・・
君が気にするのは、僕が君を自由にするのに最後の願いを使うことだったんだ・・

Gen:
なぁ、小僧・・俺は願いなんか気にしてない・・
お前について気にしてる・・何があったのか・・って・・
全てを諦めるよりも愛する誰かに嘘をつくのか?

Ala:
君はわかってない、ジーニー
僕のような奴らは、フリをする(嘘をつく)以外何も手に入れることができないんだ・・

Gen:
多分お前はわかってないと思うね・・。
嘘ついて得れば得るほど、
どんどん得るものは減っていく・・
この1万年で、一度たりともご主人様を友達だなんて呼んだことなかった・・
ルールを破ってお前の命を助けたのに・・
なんのために?
俺の心をズタズタにした・・
お前は・・俺の心を・・・ズタズタに・・

Ala:
ジーニー、ちょっとまって!

引用:映画Aladdinより

すっごい疑問が発生しました・・

今回は長すぎました😅
でもこのシーン、区切りどころがなかなか無くて・・
仕方ないからシーンの切り替わりまで書いてしまった💦

で、書いているうちに大変なことが発覚・・・
二重否定の文を見つけたんですけどね・・それが考えるうちにわからなくなってしまいました😭

なので、まずその二重否定の部分をピックアップして書いていきますね。

二重否定とは

前に、こんな記事を書きました。

映画de英語 不定代名詞_no◯◯

相変わらず読み返すと、内容が薄くて・・・😭
一応そこには

0 x n = 0

この時は、何もないものに何かをかけてもゼロ!っていうお話でしたよね。

そんな感じで二重否定を考えてみます。
否定はネガティブなので、ー(マイナス)として置き換えますね。

−(マイナス)x −(マイナス)= +(プラス)

この計算は中学一年生???で習うような気がする・・懐かしい☺️
(遠い👀)

数字のマイナスとマイナスを掛け合わせると、なぜかプラスになるのと同じく、
文でも、ネガティブな意味とネガティブな意味をかけると、意味上では肯定になります。つまり

〜しないXXはない。
⬇️
全部XX(全員XX)〜する。

と、こうなるわけです。

よろしいでしょうか?

セリフで考える・・

今日のセリフは、ジーニーのものです。

Well, kid, I don’t care nothin’ about that wish.

この訳は、「願いなんてどうでもいいんだ」ってなっているんです。
話の流れ的にもそうでしょう。

でもこの文には
don’t,とnothingっていう二つのネガティブワードがあって・・
それって肯定になるのに・・・・って😅

ね???
おかしいですよね???
気にしないんだったら、

I care nothing about that wish.

のはずなのに👀👀👀

これは一体どうしたら???

現在Twitterで質問中

なので現在Twitterで公開質問してみました(笑)
わからないまま放っておくのも・・なので。

答えが分かり次第、こちらにUPしまーす😅

Twitterで回答いただきました😉

いやはや・・Twitterってすごいですね!
皆さんちゃんと教えてくれるんですから☺️

まずは回答から!

この二重否定なのに否定っていう表現は、口語表現だということ。
あ、口語というのはいわゆる話し言葉です。ちょっとくだけた表現とでも言いましょうか・・。

ラップなんかでこういう使い方は多いようですよ。

あぁ〜なんだかちょっとスッキリ(笑)
でも、学校のテストの時には多分◯はもらえないかもしれないです。
今、学校のテストがどんなになっているかは分かりませんけど、多分文法も出てくるでしょうから😅

今回は練習問題はありません

今回はちょっと私の疑問を投げかけてみましたので、いつもの流れの問題はナシです。

お読みいただきありがとうございました😄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA