自己紹介

映画de英語de復習_3

こんにちは。

突然ですが・・・・・

皆さんは、時間が足りない・・って思う時ありませんか?

私はあります(笑)
いつも思ってます・・

大人になるとやることがたくさん増えて、それをこなしていると自分の時間が極端に減る・・
例えば、仕事、子育て、家事・・自分だけの時間が取れるのはほんのちょっぴり😭(私は子育てはないんですけど、まぁ似たようなものがあります(笑))

何を言いたいか・・というと、

学生のうちにいっぱいいっぱい勉強しておくことです。よほどのことがない限り日本は少なくとも中学までは義務教育なので学校に通えます。そして大抵の場合は高校にも進学します。

この時間は貴重です!
だって、勉強するために時間がたくさんあって、そのために学校に通っているんですから♪

でも・・・学生の時には全く気づかないで生活しているんですよ😖残念ながら・・
「毎日毎日勉強ばかり・・」としか感じない(笑)

でもね

社会に出たら実感します、

あぁ〜なんで学生のうちに、もっと勉強しておかなかったんだろ〜!

って💦

私の例を取りますと、何かを勉強したいと思っても、毎日仕事や家事に追われ、勉強時間はほんのちょっと。だから隙間時間に勉強をすることになります。
例えば早朝や通勤電車の中とか・・その時間は学生の時のそれとは比べ物にならないくらい少ないんです😭

なので、学生の皆さんは、いっぱいいっぱい今のうちに勉強しておきましょうね😉

さて、長くなりましたが・・

また一つ一つ復習をしていきましょう。

3回目のシーン

どんなシーンで何をやったんだったっけ?

映画de英語 接続詞_that


Woman:
What’s your monkey’s name?

Ala:
Abu

Woman:
He is a lovely monkey.

Ala:
That’s a lovely necklace.

Woman:
So, where does Abu come from?

Ala:
I think this belongs to me.
Good day, ladies.

引用:映画Aladdinより

いまさら特筆することはなく・・・ですけど、いつものように文章をひとつひとつ見ていきたいと思います。

What’s your monkey’s name?

これを書いた時のブログを見ると、

What’s is your monkey’s name?

って(笑)is がダブってました。いつか修正します。

簡単ですよね、疑問代名詞whatです。
名詞と言うくらいなので、S, O, C になります。
ここではそのうちの何になりますか?
答える時に、My monkey’s name is Abu.
というのが、模範解答です(映画ではちがうけど)から、Abuの部分がわからないので聞いているんですよね?

ということは・・・
S: your monkey’s name
V: is
C: what

となるので、疑問代名詞のなかでもCになります。

He is a lovely monkey. & That’s a lovely necklace.

あまりに簡単すぎるので2つ一緒に書きました(笑)

両方とも、S+V+Cです。説明する必要は全くないですよね(笑)でも念の為。

S: He, That
V: is
C: a lovely monkey, a lovely necklace

SVCの第2文型では、S=Cが成り立つのはもうわかりますよね😉

So, where does Abu come from?

この部分、最初のSoはちょっと側に置いて考えましょう。

Where does Abu come from?
これは疑問副詞です。副詞とつくので文の構成では何になれますか?

はい🙋‍♀️、M(修飾語)です!

Where以下の文を見てください。
does Abu come from?

一瞬何の問題もないんです。意味はAbuが〜から来る?ですもんね😉

でも、この〜から来るの、の部分がわからないのです。
だから一番最初に場所を尋ねる疑問副詞を入れているんです。
Does Abu come from where? →Where does Abu come from?

こんな感じです。

I think this belongs to me.

このときのトピックスはこの接続詞thatでした。

もう簡単すぎてわかっているでしょうけれど・・・
この文には2つのSとVがあります。
主節のSVと従属節のSV

ってことは2つの節をつなぐ何かが必要です、そして省略可能なもの・・

それは????

万能のthat(笑)ですよね😉

そしてこの文を分解していくと、

S: I
V: think
O: that以下の節(従属節)

Oになれるのは名詞だけです。なのでthat以下の節は名詞節って言うのでしたね😉

summer
summer

今回は簡単でしたね😉 こんな感じで次もスラスラいけたらいいな・・と思います。
今日もお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA