自己紹介

映画de英語de復習_6

こんにちは。

今日は暖かいけれど、雨☔️
これから用事があって出かけなくてはいけないのになんだか面倒になってしまいます😭

さてさて、相変わらずの不定期更新・・・すみません💦
もう少しで自由な時間が増えるので勢いよく書いていきたいところ・・・

それでは始めましょう。

6回目の記事は?


Jamal:
Aladdin!

Ala:
Down that alley.
Monkey knows the way.

Jamal:
Guards! Guards!

Ala:
Abu.
You’ll be fine.

Jamal:
They stole from me!
Over there, Aladdin!

Ala:
Hey you!
You looking for this, Jamal?

Jamal:
Aladdin, you street rat!

引用:映画Aladdin より

ほぼほぼ話し言葉でした😅

あんまり取り上げるようなものはないっていう・・・でも、いつもの通り探して書いてみます。

Monkey knows the way.

S: Monkey
V: knows
O: the way

Sになれるのは名詞のみ。Oになれるのも名詞のみ。

久々に品詞との関係も書いてみました(笑)

なぜ書いたかって?
Twitterでフォローしている英語の先生(?)が、文型は大事だとおっしゃっていたんです。そしてそれは私も痛感しています。

まだ短い文しかこのブログでは書いていませんが、長文になった場合(高校になったらにはとにかく長文を読まされます)には、「,」で何度も何度も切られたり、一つの文にいくつもの接続詞や関係代名詞がでたり隠れたりしてきます。そうなった場合、文型をまずは押さえておくことで、どの文で区切りをつけるのか・・などわかってきます。


私も文型をやり直してみたら、英語のニュースや文がもっと早く読めるようになりました。(あとは単語力が欲しい😭)


ちなみに・・・
Monkeyにどうして冠詞や形容詞がないんでしょうね・・・🤔


まだ可算名詞・不可算名詞について書いていないのにここに書くのはちょっと・・アレなんですけど、

とりあえずザックリ書いてみます。

ですが、残念ながら今から書くことが正しいのかは保証できず😅


Monkeyはアラジンが飼っているアブゥのことです。アブゥはアラジンの家族です。私の想像では、Monkeyは固有名詞として扱われているんじゃないかな?って。
サルが知ってるから!
みたいな感覚。


まぁ、私だったら

This monkey knows the way.

と書くと思うんですけど😅


ちなみに、monkeyは数えられます。なので可算名詞と言います。
可算名詞の単数には冠詞・不定冠詞がつきます。

例えば


I have a dog.
or
I have dogs.
(犬を 1匹 or 複数 飼ってます


もしこれが

I have dog. と、dogが単数で無冠詞なら意味が変わっちゃいます。

犬肉があるよ。
キャァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜😱😱😱
ありえないありえない😭

なので、ここでの Monkey knows…というのは固有名詞的に扱っているのかな・・って思ったんです。

すみません、ちゃんと答えになってないし正しいかもわからない・・・中途半端な感じで終わります👋

You’ll be fine.

ここでのブログは法助動詞willに関してでした。

S: You (名詞)
V: will be
C: fine(名詞または形容詞、ここでは形容詞)

willという法助動詞は、その場で決めた(思った)ちょっと先のことを表す時に使うと書いたと思いますが、この場合、ちょっと先のことを「多分大丈夫だよ」っていう感覚ですよね。

They stole from me!

S: They
V: stole
M: from me

あれれれ?って思いませんか?
stoleはstealの過去形、それは問題ないでしょう。でも、盗むっていうんだったら「何を」というOが来ないといけないですよね?

単純に会話だから省略したんだねぇ・・とも考えられますけど、子供だって見るディズニー映画です。一応ちゃんとした文章や言葉が多いと思うんですよね・。
疑問が湧いたら気になる性格・・・
まるで杉下右京な私は・・・もちろん調べてみました(笑)

結果・・・

stealには自動詞で「盗みを働く」という意味がありました(知らなかった)👀

調べてみるものですね(笑)

You looking for this, Jamal?

これは明らかに、会話ですね(笑)

本来なら

Are you looking for this? です。ただ、映画の中の言葉なので、Areを省略したのでしょう。
このように会話では肯定文の語尾を上げて話すことで疑問文にしていることは多々ありますよ😉

おわりに

特におぉ〜っていう感じのtopicsはありませんでしたね。

時間がで取れるようになったら、前回でも書きました可算/ 不可算名詞、数量の形容詞を別途書きたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA